「予算案の早期成立めざす」政府・与党連絡会議

2014_0120.jpg

丁寧な運営、合意形成を

1月20日(月)昼、政府と自民、公明の与党両党は国会内で協議会を開き、24日召集の通常国会で、景気回復への経済対策などを盛り込んだ2013年度補正予算案と、14年度予算案の早期成立をめざす方針を確認しました。

席上私は、経済再生や東日本大震災の復興加速など、連立政権が掲げる優先課題について「今年こそ正念場だ。政府・与党一体となって、丁寧な国会運営と合意形成に努めていきたい」と強調しました。

また、漆原良夫国会対策委員長は、4月に実施される消費税率8%への引き上げに言及し、「景気の腰折れを防ぐために補正予算と本予算の(早期)成立を図らなければならない。国民に対する説明責任を果たしていきたい」と力説しました。



関連記事

  1. 「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望

  2. 毎週の街頭演説14年間

  3. 医療、心のケア対策必要 ~九州北部豪雨被害・党部会が政府に要請

  4. 「福島復興の展望を」佐藤福島県知事から要望

  5. 後期高齢者医療制度について意見交換―医療制度委員会―

  6. 党福島県本部主催の政経セミナーに出席