党高知県本部主催の新春年賀会に出席

2014_0110_2.jpg

公明が「国民合意」リード
復興、防災・減災対策の加速も


1月10日(土)、公明党高知県本部(池脇純一代表=県議)の新春年賀会が高知市内で行われました。これには、石田祝稔四国方面議長(衆院議員)、山本博司同副議長(参院議員)らが出席し、多数の来賓が参加しました。

挨拶で私は、「今年は経済再生と復興加速、防災・減災対策を進める正念場」と強調。その上で、少子高齢化や人口減少、外交・安全保障などの課題について「国民的合意をつくり出し、責任を持って安心できる日本の国づくりを前に進める」と訴えました。

石田氏は、南海トラフ地震対策特別措置法について、「公約した通りに昨年の臨時国会で成立させることができた。地元自治体と協力しながら、しっかりと実効性を上げていきたい」と力説しました。



関連記事

  1. 治水の抜本強化必要 ~福岡県知事から要望受ける

  2. 高層住宅管理業協会の記念式典に出席

  3. 日常活動が党勢を拡大 ~福島の夏季議員研修会に参加

  4. 公明党 結党50年「感謝の集い」に出席

  5. 路副委員長ら 中国全人代一行と会談

  6. 交付税の確保を谷垣禎一財務相に要請