「復興支援きめ細かく」党福島県本部主催・旗開きに出席

2014_0108_2.jpg

国会議員 市町村単位で担当へ
党福島県本部


1月8日(水)、福島県郡山市で開かれた党福島県本部(甚野源次郎代表=県議)の旗開きに出席し挨拶をしました。これには、若松謙維参院議員、浜田昌良復興副大臣(公明党)が参加しました。

この中で私は、昨年1年間の政権運営で株価上昇や円高是正が進み、企業収益が上昇傾向にあることに言及。「デフレ脱却の最大のカギは賃金が上がり、家計に余裕が出て、地方や中小企業に景気回復の波が及ぶことだ。今年1年が正念場だ」と強調。

また、同県の被災者のうち、約14万人が今なお避難生活を強いられている現状に触れ、「この事実を夢寐にも忘れず、復興を加速させなくてはならない」と力説。そして、公明党国会議員の復興支援担当体制について、市町村単位で担当を明確化し、きめ細かな復興支援を進める考えを示しました。

このほか、若松氏が復興加速への決意を披歴したほか、浜田副大臣が安倍政権の福島再生への基本方針などについて、参加者と意見を交わしました。



関連記事

  1. 「公明が核廃絶進める」党合同会議に出席

  2. 党の農業政策提言を官房長官・農水大臣に申し入れ

  3. 日本アカデメイア主催会合で講演

  4. 福島・宮城・岩手3県の新春街頭演説会に参加

  5. 二重ローン 救済の実効性高く

  6. 福島県・郡山市、伊達市の「党新春政経セミナー」「国政報告会」に出席