新幹線の早期整備を!

 11月30日(火)、衆院第1議員会館で冬柴鉄三幹事長と共に「整備新幹線関係18都道府県期成同盟会」の代表者らと懇談し、北海道・東北、北陸、九州の各整備新幹線の整備促進に関する要望を受けました。これには風間昶、弘友和夫の両参院議員も同席しました。


 同会からは、近年開業した新幹線が大幅な時間短縮や利用者増加をはじめ、整備新幹線の建設が沿線地域の産業、日本経済全体の活性化を図るためにも最優先で推進すべき国家プロジェクトであるとし、一日も早い全線開通が重要だとの要望が出されました。


 高速交通網の軸である新幹線整備は、地域の懇願でもあり地域活性化の要です。皆様の声を実現するために、更なる努力を重ねて行かねばと決意した次第です。



関連記事

  1. 秋田県の横手市議選・湯沢市議選が開始

  2. 「復興施策の予算確保を」佐藤福島県知事から要望

  3. 宮城・福島・岩手で「憲法記念日街頭演説会」に参加

  4. 党税調拡大幹事会で活発な議論

  5. 「ウィメンズクラブ・希望・未来21」懇談会に参加

  6. 「仙台卸売市場」初セリに参加