新幹線の早期整備を!

 11月30日(火)、衆院第1議員会館で冬柴鉄三幹事長と共に「整備新幹線関係18都道府県期成同盟会」の代表者らと懇談し、北海道・東北、北陸、九州の各整備新幹線の整備促進に関する要望を受けました。これには風間昶、弘友和夫の両参院議員も同席しました。


 同会からは、近年開業した新幹線が大幅な時間短縮や利用者増加をはじめ、整備新幹線の建設が沿線地域の産業、日本経済全体の活性化を図るためにも最優先で推進すべき国家プロジェクトであるとし、一日も早い全線開通が重要だとの要望が出されました。


 高速交通網の軸である新幹線整備は、地域の懇願でもあり地域活性化の要です。皆様の声を実現するために、更なる努力を重ねて行かねばと決意した次第です。



関連記事

  1. 仙台・盛岡で新春街頭演説

  2. 「共通番号制度」推進シンポジウムに出席

  3. 党青森県本部夏季議員研修会に出席

  4. 国道48号線、八幡5丁目地内と栗生1丁目地内の安全安心に関する陳情

  5. 与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームで討議

  6. 「テロ対策の徹底が必要」与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部