福島・宮城・岩手3県の新春街頭演説会に参加

1月2日(木)、私は福島市、仙台市、盛岡市の3都市で行われた党県本部の新春街頭演説会に相次いで参加し、東日本大震災からの復興の加速に向けた決意を訴えました。

街頭演説で私は「今年は東日本大震災から3年目を迎える。公明党の市町村と県、国のネットワークを生かし被災者に寄り添い、皆さんの思いを実現するため、全力で働く」と強調しました。
さらに、今年は岩手、宮城両県の震災がれきの処理が完了する一方、いまだに10万人がプレハブ仮設住宅に身を寄せている現状に言及し「震災の記憶が薄れゆくことに懸念を抱いている。公明党は、総力を挙げて風化と風評被害の“二つの風”と闘い、断固、復興を前へと加速させていく」と訴えました。

2014_0102_1.jpg
2014_0102_2.jpg



関連記事

  1. 北陸新幹線全線早期整備を―富山、石川、福井県知事らから要望受ける―

  2. 「復興施策の予算確保を」佐藤福島県知事から要望

  3. 自民党新役員が公明党を表敬

  4. 「日中関係強化へ」鄭必堅氏と懇談

  5. 「被災農地 国が買い上げを」JA全中から第2次要請

  6. 臨時国会が閉幕