党機構改革委が初会合

2013_1219.jpg

12月19日(木)、公明党結党50周年委員会の「党機構改革委員会」(委員長=井上義久)は党本部で初会合を開き、今後の党機構の在り方などについて議論を開始しました。

冒頭私は、近年の政党の傾向として、「選挙ごとに“この指とまれ”的になり、離合集散が続いている」と指摘。

一方で公明党は、衆望を担い、応えてきたからこそ来年の結党50周年を迎えることができると強調し、「時代も大きく変わっている。与党を担い得る政党として、柔構造的に民意に対応できる党への発展が必要だ」と語り、次の時代に備え党機構改革の議論を進めていきたいと述べました。



関連記事

  1. 公明党-創価学会が連絡協議会

  2. グループ補助金拡充で中小企業庁・鈴木長官に要請

  3. 自民新執行部が表敬

  4. 復旧に総力挙げよ ~台風被害、合同会議を開催

  5. 山形県鶴岡市「新市建設フォーラム」に出席

  6. 「公明31議席の大勝利」第46回衆議院総選挙