「雇用安定へ支援訴え」連合から要望

2013_1211.jpg

連合が予算要望

12月11日(水)、衆院第2議員会館で日本労働組合総連合会(連合)の神津里季生事務局長らと会い、2014年度予算編成・税制改正などについて要望を受けました。これには、石井啓一政務調査会長も同席しました。

連合側は雇用の安定と公正労働条件の確保のほか、暮らしの安心確保へ消費生活センターの体制・機能強化などを要請。全世代支援型の社会保障制度の推進なども申し入れました。

神津事務局長は、政府の各種諮問会議に労働側のメンバーが加わっていないことに懸念を示し、「近年、格差は開く一方だった。これをどう押し戻すかが、経済の好循環につながる」と支援を求めました。私は「実際に働いている人の立場は大事だ」と応じました。



関連記事

  1. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  2. TPP国内対策 宮城県内で畜産、コメ農家の声聞く

  3. 「衆院選改革 各党協議、合意得られず」与野党幹事長会談

  4. 政経セミナー・時局講演会に出席

  5. 旧北上川分流施設竣工式に出席

  6. たがじょう市民市と仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了記念式典に出…