「フィリピン災害救援を」街頭募金活動

2013_1117_3.jpg

11月17日(日)、「フィリピン被災者を救援する宮城県民の会」が街頭募金活動を行いました。これには、党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)の議員団が参加しました。

街頭募金で私は「現地では食料や水、医療品が不足している。一日も早く被災者の安定した生活が戻るよう、皆さんの真心のご協力を」と呼び掛けました。

これに対し多くの通行人が次々と足を止め、「大変な状況だと思います。頑張ってください」などと声を掛け、善意を寄せて頂きました。



関連記事

  1. 党宮城県本部「団体要望聴取会」に出席

  2. 会津若松市議選がスタート

  3. 高齢化進む地域でも大きな役割/JFAの懇親会に出席

  4. 生活者本位の政治に転換を協議 ― 政府・与党連絡会議 ―

  5. 「臨時国会の召集早く」表敬の民主新執行部に要請

  6. 「農業改革案」で農業団体と意見交換