「フィリピン災害救援を」街頭募金活動

2013_1117_3.jpg

11月17日(日)、「フィリピン被災者を救援する宮城県民の会」が街頭募金活動を行いました。これには、党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)の議員団が参加しました。

街頭募金で私は「現地では食料や水、医療品が不足している。一日も早く被災者の安定した生活が戻るよう、皆さんの真心のご協力を」と呼び掛けました。

これに対し多くの通行人が次々と足を止め、「大変な状況だと思います。頑張ってください」などと声を掛け、善意を寄せて頂きました。



関連記事

  1. 津波警報の避難住民を見舞う

  2. 花渕山バイパス開通式典に出席

  3. 高橋北海道知事らから災害時多目的船に関する要望

  4. 宮城県「平成29年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会…

  5. 「予算関連で地方に配慮」市長会、町村会から要望

  6. 秋田県(由利本荘市・にかほ市)で懇談