国民投票法の改正案・自民方針転換で見解

国民投票は「18歳以上」に

11月6日(水)午前、自民党の石破茂幹事長と都内で会談しました。席上私は憲法改正手続きを定めた国民投票法の改正案をめぐり、自民党が投票年齢を「18歳以上」に確定させる内容を見直し、当面「20歳以上」とする方針に転換したことについて「18歳ということはすでに決めてある。それを元に戻すような話はなかなか納得できない」と指摘しました。

2007年5月に成立した国民投票法では、投票年齢を18歳以上と規定。その上で付則に、選挙権年齢や成人年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられるまでは、投票年齢も20歳以上とすることを定めています。



関連記事

  1. 「記録的豪雪・新燃岳噴火」対策で政府、公明の提言を反映

  2. 宮城県・阿武隈川丸森輪中堤竣工式に出席

  3. 与党幹事長が中国入り ~張青島市長と懇談

  4. 氷河期世代 集中支援を ~政府・与党連絡会議に参加

  5. 宮城沖地震対策で防災相に要請

  6. 「電機産業の現状と振興策について」電機連合から要望