日本マンション管理士連合会の会合に出席

2013_0827.jpg

8月27日(火)、都内で行われた「日本マンション管理士連合会」(日管連、親泊哲会長)が開いた懇親会に出席し、挨拶をしました。

私は、議員立法で2000年12月に制定したマンションの管理適正化法に言及し、「高齢化など、13年前と比べて社会は大きく変わっており、法律を見直すべき時期にきている」と指摘。

その上で、「マンションは管理が最も重要であり、現場の知見を受け止めて安心・安全な管理体制の整備へ取り組む」と語りました。



関連記事

  1. 民進党執行部が表敬

  2. JA全中と意見交換

  3. 「被災地の伝統を守れ」雄勝硯再興で意見交換

  4. 高層住宅管理業協会の賀詞交歓会に出席

  5. 仙台市で「風間ひさしを励ます県民の集い」

  6. 全浄連の会合に出席