党青森県本部夏季議員研修会に出席

_1_20130824163217f73.jpg
2013_0823_2.jpg

8月23日(金)、私は、青森県鰺ケ沢町で開かれた党青森県本部(伊吹信一代表=県議)の夏季議員研修会に出席し、あいさつしました。また、研修会に先立って「津軽自動車道未着工区間13km」の現場を視察しました。

私は、先の参院選の比例区において、公明党が第2党に躍進したことに触れ、「公明党のネットワークの力が高く評価された結果だ」と強調。また、今回の選挙結果は、政治の安定を求める民意と、国民目線の公明党への期待の表れであると述べ、「連立政権の中で公明党らしさを発揮し、国民の期待に応えていく」と決意を表明しました。

また、来年の結党50周年に向けて、地域の実績づくりに挑戦するとともに、訪問対話運動や街頭演説、公明新聞の購読拡大といった党の基幹活動に着実に取り組むよう要望し、その上で「公明党議員としての自信と誇りを持って、党発展の揺るぎない基盤をともどもに築いていこう」と訴えました。



関連記事

  1. 岩手・北上市議選がスタート

  2. 盛岡市から都市整備・道路整備の要請

  3. 山形で政経パーティー開催

  4. 路副委員長ら 中国全人代一行と会談

  5. 宮城県東部(松島町・利府町・七ヶ浜町)を視察

  6. 「“命の道路”整備加速を」安全・安心の道づくりを求める全国大会に出席