「現場第一で復興加速へ」現場第一で復興加速へ

2013_0801.jpg

新人議員加え 被災地に寄り添い支援
党合同会議


8月1日(木)、公明党の東日本大震災復興加速化本部(本部長=井上義久)と復興・防災部会(部会長=石田祝稔衆院議員)は、東京都新宿区の党本部で合同会議を開きました。

同合同会議では、岩手、宮城、福島各県の担当国会議員に今回の参院選で初当選したメンバーを新たに加え、党としてさらに被災者に寄り添い、被災地のニーズをきめ細かく把握し、復興を加速させていく方針を確認しました。

席上私は、震災発生から2年4カ月が経過し、3年目の夏を迎えている被災地の現状に言及。

今もなお30万人近くの被災者が仮設住宅などで避難生活を送っており、「住宅を再建し、当たり前の日常生活を送れるようにしなければならない」と訴え、工程表に示した高台移転や復興住宅建設の円滑な実施と、被災者一人一人に対する生活再建の後押しに全力を挙げる考えを示しました。

その上で、被災3県の担当国会議員に新人議員を追加し、「被災地、被災者にしっかり寄り添い、支援していきたい」と強調。

諸課題を本格的に議論する秋の臨時国会を前に「国会議員が被災地に入り、現地に何が必要かを認識したい」と述べ、党として現場第一主義で復興加速に臨む方針を確認しました。



関連記事

  1. 臨時国会閉幕。両院議員総会を開催

  2. 北海道新幹線について要望受ける

  3. 都市農業活性化の要望を受ける

  4. 「列島縦断フォーラム」を仙台で開催

  5. 公明は現場主義貫く ~埼玉県草加市で開催の時局講演会に参加

  6. 統一地方選前半戦に「完勝」