「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

2013_0731.jpg

7月31日(水)、衆院第2議員会館で山形県町村会の遠藤直幸会長(山辺町長)らと会い、来年度の国の施策などに対する提案を受けました。これには、石井啓一政務調査会長、若松謙維参院議員が同席しました。

席上、遠藤会長らは(1)地方交付税の法定率引き上げによる恒常的な財源確保(2)積雪地域における道路交通の確保や、排雪に要する費用への支援(3)森林および水資源保全対策の推進(4)遊休施設の解体・撤去費用に対する支援―などを要請しました。

要請について、7月に同県を襲った豪雨被害への見舞いの言葉を述べるとともに、提案に対して、しっかりと取り組んでいく考えを示しました。



関連記事

  1. 記者会見で一体改革法案について見解

  2. 岩手県大船渡市議選がスタート

  3. がん検診の党実態調査を会見発表

  4. 共同通信社「大阪きさらぎ会」で講演

  5. 道路特定財源の一般財源化についての党内議論及び与野党協議

  6. 宮城・石巻市議会議員選挙が告示