大阪府内で街頭演説

2013_0715.jpg


7月15日(月)、参院選大阪選挙区の応援に駆け付け、勝利をめざし奮闘する杉ひさたけ候補への絶大なる支援を訴えました。

街頭演説会で私は「自公連立政権は、“3本の矢”の経済政策を放った。この結果、今年1~3月期の経済成長率は、民主党政権だった昨年7~9月期に比べ7.7%も上昇。民主党政権が3年3カ月かけてもできなかったことを、自公政権はわずか半年で実現した。野党は(自公政権の)経済政策を批判しているが、政治は結果責任だ。少なくとも、民主党に今の経済政策を批判する資格はない」と主張しました。

杉ひさたけ候補は「大阪の魅力を世界に売り込み、世界中から人とモノが集まる街にしていきたい」と力説し、必勝の決意を訴えました。



関連記事

  1. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  2. 公明党山形県本部主催の政経セミナーに出席

  3. 山梨県から政策要望

  4. 「創造的復興」に総力 ~宮城の議員夏季研修会に参加

  5. JA全中会長と沖縄県知事からTPP反対の要請

  6. 「希望」広げる闘いに総力 ~党全国県代表協議会に出席