神奈川県内で街頭演説会

0710sasaki_inoue.jpg

7月9日(火)、神奈川県藤沢市内で参院選神奈川選挙区の佐々木さやか候補と共に街頭演説を行い、勝利への絶大な支援を訴えました。

私は、民主党政権下ではマイナス成長だった日本経済が、政権交代後、プラスに転じたことに言及。「政治は結果責任だ。国民の不安が期待に変わったのは揺るぎない事実だ」と強調。また、「国民の信頼がなければ本当の政治の安定はない。そのためにも国民の目線に立つ公明党の役割が重要だ」と強調し、生活者の声を先頭に立って国政に届ける佐々木候補への支援を訴えました。

佐々木さやか候補は、「皆さまに、希望を持って、安心してもらえる日本の未来を開いていく」と主張。「真心のご支援に何としてもお応えするために、全力で戦い抜く」と決意を表明しました。



関連記事

  1. 秋田県(大仙市・横手市)で街頭演説

  2. 岩手県大船渡市議選がスタート

  3. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  4. 政府・与党連絡会議

  5. 外交で主導権発揮を ~政府・与党協議会に参加

  6. 3次補正予算で協議 3党幹事長会談に出席