岩手県内で街頭演説会

7月7日(日)、岩手県一関市、奥州市、盛岡市、青森県青森市などを回り、参院選比例区若松かねしげ候補と街頭演説に参加し、同候補の支援を訴えました。

街頭演説会で私は「被災地の生活再建や産業の復興を、なお一層力強く進めていくためには、公明党の力が必要だ」として絶大な支援を求めました。

若松かねしげ候補は、約3兆円の税金のムダ遣い削減など、衆院議員時代の実績を強調した上で、「大事なことは、現場が元気になるか、安心して生活できるのかどうかだ。一日も早い復興へ先頭に立って戦わせてほしい」と決意を述べました。

2013_0707.jpg



関連記事

  1. JA全中から予算・税制の要望受ける

  2. 「第6回党全国大会議案を発表」公明新聞の記事を紹介します

  3. 医療、心のケア対策必要 ~九州北部豪雨被害・党部会が政府に要請

  4. 「農業改革案」で農業団体と意見交換

  5. 全国積雪寒冷地帯協議会から要望

  6. 各種団体と政策要望懇談