秋田県内で街頭演説会

2013_0705.jpg


7月5日(金)、秋田県大仙市、湯沢市、山形県酒田市、鶴岡市などを回り、必勝を期す参院選比例区若松かねしげ候補への支援を訴えました。

街頭演説の中で私は「国民目線に立ち、小さな声を聴く力を持つ公明党が勝利することが、安定した政治につながる」と強調しました。
また、公認会計士として活躍し、中小企業の支援や事業再生に尽力してきた若松かねしげさんの実績を紹介し「実感できる景気回復のために、断じて勝たせてほしい」と訴えました。



関連記事

  1. 本格運用へ万全期せ マイナンバーの「情報連携」試行

  2. 日本労働組合総連合会主催の新年交歓会に出席

  3. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  4. 蔵王山の風評被害対策を要望

  5. 福島市で救援街頭募金

  6. 秋田県横手市議選がスタート