「日本アカデメイア」主催会合で講演

2013_0624.jpg

参院選で政治の安定を
「政党」が問われる時代 公明が本来の役割果たす


6月24日(月)、都内で開かれた「日本アカデメイア」(事務局=日本生産性本部)主催の会合で講演し、参院選の争点について「安倍内閣半年間の政権運営の是非」と、与党の過半数確保で「政治の安定」を実現できるかの2点だと指摘しました。

その上で、自公の政権運営に関して「経済成長の実感、恩恵を幅広く中小企業や家計に行き渡らせ、東日本大震災からの復興を成し遂げるまで風評被害と風化の『二つの風』と闘い続ける」と説明。

さらに、「生活者の声を丁寧に政策に反映させられる公明党が政治の一つの柱になってこそ、本当の意味での『政治の安定』が実現できる」と訴えました。

東京都議選で“第3極”政党の多くが伸び悩んだことに関しては「『政党とは何か』があらためて問われ、政党の役割を落ち着いて議論できる社会への大きな変化があったのではないか」として、「政党とは理念や政策を共有して実現し、一定期間続いていなければならず、政治家を養成する役割を果たしていくべきだ。公明党は政党本来の役割をしっかり果たしていく」と述べました。



関連記事

  1. 「震災特別委設置で合意」与野党幹事長会談

  2. 秋田県内で街頭演説会

  3. 南東北の交通網整備を国交大臣に要請

  4. 与党税制協議会が初会合

  5. 党宮城県本部「少子対策シンポジウム」に参加

  6. グループホーム火災事故で緊急申し入れ