全国漁業代表者集会に出席

2013_0529.jpg

燃料高騰対策に全力
水産業安定へ支援


5月29日(水)、都内で開かれた「我が国漁業の存続を求める全国漁業代表者集会」(主催=全国漁業協同組合連合会)に出席し、挨拶をしました。

挨拶で私は、消費低迷による魚価の低下や原発事故の風評被害などに加え、最近の円安で燃油価格が高騰し、「漁業経営は危機的状況にある」と主張。その上で、政府の燃油高騰対策について「今の状況を考えると、もう一歩踏み込んだ対策が必要だ。その実現に向け、頑張っていく」と訴えました。

また、水産物の安定供給は、食料供給の安定につながり、水産業は「日本の食文化を支える重要な産業」と指摘。漁業支援を政府に強く求めていくと強調しました。



関連記事

  1. 「復興施策の予算確保を」佐藤福島県知事から要望

  2. 公明党税制調査会幹事会

  3. 原発賠償など長期避難者から要望

  4. 「雄勝の伝統産業守る」硯工房が待望の落成式 宮城・石巻市

  5. 宮城県岩沼市議選がスタート

  6. 「燃油価格の安定化」で塩釜市水産振興会から要請