「世田谷ナンバー実現を」太田国交相に要望

2013_0513.jpg

5月13日、都議会公明党の中島よしお幹事長(都議選予定候補=世田谷区)、栗林のり子都議(同)と共に国土交通省を訪れ太田昭宏国交相に、自動車などの世田谷ナンバー実現を求める約2万名の署名簿を手渡しました。これには高木陽介党都本部代表(衆院議員)、高橋昭彦党世田谷区議、保坂展人世田谷区長、大場信秀・世田谷ナンバーを実現する会会長らが同行しました。

一行は席上、ご当地ナンバーの利点として知名度向上による地域振興などを挙げ、「アンケートでは8割の方が賛成している」と強調。世田谷ナンバー実現への理解を求めました。

これに対し、太田国交相は、要望を受け止め、真摯に対応していく意向を示しました。



関連記事

  1. 党福島県本部夏季議員研修会に参加

  2. 白河市など5市町村が国交相に陳情

  3. 仙台・盛岡で「憲法記念日」街頭演説会に参加

  4. 「宅地被害 支援拡充せよ」平野復興相に要望

  5. 秋田県横手市議選がスタート

  6. 日本弁護士政治連盟の懇親会に出席