憲法記念日街頭演説会に参加

2013_0502.jpg

復興、経済再生に全力
3原則堅持を強調


5月2日(木)、仙台市内で行われた党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)主催の憲法記念日街頭演説会に出席し、公明党の憲法についての考えを訴えました。

私は「平和主義、基本的人権の尊重、国民主権という憲法3原則は戦後の日本社会の発展に貢献し、国民にも定着しており、変えてはならない」と強調。その上で、憲法論議が連立政権に影響を与えるのではという意見があるのに対して「政権合意の中で大震災の復興加速と防災・減災対策、経済再生が連立政権の最大の課題となっている。今後もしっかり協力して推進する」と述べました。



関連記事

  1. 高速道路網 早期整備を ~関西高速道路ネットワーク推進協議会から要望

  2. 与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部に出席

  3. 旧北上川分流施設竣工式に出席

  4. 多賀城・七ヶ浜「大復興祭」に出席

  5. 会津若松市議選がスタート

  6. 党大会にかわる「全国代表者会議」を開催