憲法記念日街頭演説会に参加

2013_0502.jpg

復興、経済再生に全力
3原則堅持を強調


5月2日(木)、仙台市内で行われた党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)主催の憲法記念日街頭演説会に出席し、公明党の憲法についての考えを訴えました。

私は「平和主義、基本的人権の尊重、国民主権という憲法3原則は戦後の日本社会の発展に貢献し、国民にも定着しており、変えてはならない」と強調。その上で、憲法論議が連立政権に影響を与えるのではという意見があるのに対して「政権合意の中で大震災の復興加速と防災・減災対策、経済再生が連立政権の最大の課題となっている。今後もしっかり協力して推進する」と述べました。



関連記事

  1. ドクターヘリ全国配備へ・党の法案骨子を発表

  2. 都構想などで橋下大阪市長らと意見交換

  3. 第一声のご案内

  4. 岩手県本部主催の時局講演会に出席

  5. 自工会など4団体から「車体課税の見直し」に関する要望

  6. 「来年度予算概算要求」で細田官房長官に申し入れ