党青森県本部主催の政経懇話会に出席

2013_0420.jpg

景気回復へ全力で働く
参院選に向け若松、佐々木氏が決意


4月20日(土)、青森市内で開かれた党青森県本部(伊吹信一代表=県議)主催の政経懇話会に出席し挨拶をしました。。これには、若松かねしげ東北方面副議長(参院選予定候補=比例区)と佐々木さやか党女性局次長(参院選予定候補=神奈川選挙区)も出席しました。

挨拶の中で私は、自民、公明両党の連立政権の下で着実な景気対策が予測されることが市場の期待につながり、日本経済に明るい兆しが見えてきたと強調。その上で「公明党は、地方と国のネットワークを存分に発揮し、震災復興を加速させるとともに国民が景気回復を実感できるよう全力で働く」と力強く訴えました。

若松氏は「地域で事業再生にかかわってきた経験を生かし、日本経済を再建する」と力説。青森県出身の佐々木さんは「弱い人の立場に立った政治を貫く」と決意を述べました。



関連記事

  1. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出

  2. 「がん検診率の向上を」仙台で署名活動に参加

  3. 自公結束し防災を強化 ~総裁3選の首相と確認

  4. 岩手県(東和町・大迫町・石鳥谷町・花巻市)で地域懇談会

  5. 口永良部島噴火 避難住民の生活再建支援など緊急要望

  6. 防災・復興で国際連携 ~UNDP総裁補と懇談