「北海道・東北の活性化を」元気アッププロジェクトが発足

2013_0310_2.jpg

仙台市内で3月10日に開催された東北復興会議に関連し、北海道と東北の公明党議員が連携し両地域の活性化をめざす「ほくとう(北海道・東北)元気アッププロジェクト(PJ)」の発足会議が開かれ、リーダーに若松かねしげ氏(参院選予定候補=比例区)が就任しました。

同プロジェクトの顧問に就いた私は「北海道・東北は、日本の食料基地であるとともに豊かな観光資源と自然エネルギーを擁している」と指摘。その上で「ほくとう」の潜在力を最大限に引き出し、両地域の課題を解決するため、公明党議員が心一つに連携しながら取り組んでいこう、と訴えました。

若松氏は「『ほくとう』を元気にするため一生懸命頑張りたい」と決意を述べました。



関連記事

  1. 連立4年 雇用の成果が鮮明 ~政府・与党連絡会議に出席

  2. 国民の理解得られる税制進める ~日税連の交歓会に出席

  3. 党愛媛県本部主催の党員研修会に出席

  4. 与党第5次提言を申し入れ

  5. 北上川・鳴瀬川水系内陸部災害復旧事業完成式に出席

  6. 宮城・栗原市議選がスタート