「北海道・東北の活性化を」元気アッププロジェクトが発足

2013_0310_2.jpg

仙台市内で3月10日に開催された東北復興会議に関連し、北海道と東北の公明党議員が連携し両地域の活性化をめざす「ほくとう(北海道・東北)元気アッププロジェクト(PJ)」の発足会議が開かれ、リーダーに若松かねしげ氏(参院選予定候補=比例区)が就任しました。

同プロジェクトの顧問に就いた私は「北海道・東北は、日本の食料基地であるとともに豊かな観光資源と自然エネルギーを擁している」と指摘。その上で「ほくとう」の潜在力を最大限に引き出し、両地域の課題を解決するため、公明党議員が心一つに連携しながら取り組んでいこう、と訴えました。

若松氏は「『ほくとう』を元気にするため一生懸命頑張りたい」と決意を述べました。



関連記事

  1. 経済好循環の流れ加速 ~経団連と意見交換

  2. 党総合本部 TPP対策の内容を議論

  3. 「論点を中間取りまとめ」農協改革で党合同会議

  4. 青森市に障害者専用スペースにハート・プラスマーク(内部障害意思表示章)…

  5. 「結党50周年へ拡大の波を」第38回全国県代表協議会を開催

  6. 「安保与党協議」初会合