仙台・仙石線「JR苦竹駅」エレベーター設置の陳情

 12月18日(土)午前、仙台市内で仙石線「JR苦竹駅」のエレベーター設置の陳情を東日本旅客鉄道㈱仙台支社に行いました。これには、地元町内会の方々をはじめ、公明党から庄子賢一県議会議員、植田耕資市議会議員、笠原哲市議会議員ら地元議員も同席しました。


 JR苦竹駅は、仙石線が国道45号線と交差した場所に位置しているため、高架橋駅となっています。そのため高齢者や障害者、女性、子供に利用しやすいエレベーター設置の要望が強く、一日も早い実現に向けてさらなる推進に努めてまいります。



関連記事

  1. 党青森県本部政経懇話会に出席

  2. 大衆投資家党に配慮必要 ―税調拡大幹事会―

  3. 日中の五輪成功へ協力 ~蔡奇・北京市党委員会書記と会談

  4. 各種団体から要望

  5. 「資金業法案で尽力」―日弁連・弁政連と政策懇談―

  6. 公明 日本赤十字社へ第14次義援金