党岩手県本部主催の政経懇話会に出席

2013_0203.jpg

2月3日(日)、岩手県盛岡市内で開かれた党県本部(小野寺好代表=県議)の政経懇話会に出席し、講演をしました。これには、渡辺孝男、横山信一の両参院議員と若松かねしげ党東北方面副議長(参院選予定候補=比例区)が出席しました。

私は、安倍内閣が東日本大震災からの復興を最重要課題と位置付けたことに触れ、「復興加速のためには、さまざまな課題に対して、きちんとした結論を早く出し、結果を出す政権でなければならない」と強調。その上で、「公明党は地域に深く根差した政党だ。国・地方議員が連動して、皆さんの思いに応える闘いを展開していく」と力説しました。

若松氏は「公認会計士として事業再生、地域再生に取り組んだ経験を生かし、元気な日本をつくっていきたい」と参院選勝利へ決意を表明しました。

懇話会では、来賓として達増拓也県知事と鈴木俊一外務副大臣があいさつをしました。



関連記事

  1. 福島市で救援街頭募金

  2. 指定都市市議会議員と懇談

  3. JA全中会長と沖縄県知事からTPP反対の要請

  4. 「被災農家の再建支援を」宮城・農業4団体から要望

  5. 建設3団体からの要望を受ける

  6. 三陸縦貫自動車道の開通式に出席