大村愛知県知事から国の施策に関する要望

2013_0116.jpg

12月16日(水)、衆院第1議員会館で大村秀章愛知県知事と会い、国の施策に関する要望書を受けました。これには、斉藤鉄夫税制調査会長らが同席しました。

大村知事は、県財政が逼迫した状況を踏まえ、地方交付税の増額や地方への代替財源を確保した上での自動車取得税・重量税の廃止などを要望。また、南海トラフ巨大地震に備えた中部圏への基幹的広域防災拠点の整備や、円高・デフレ、産業空洞化の解消も求めました。

私は自動車取得税・重量税に関して「地方財源を確保した上での抜本改革というのは、われわれと同じ考えだ」と述べました。斉藤税調会長は「与党税制協議でも、地方に迷惑を掛けないことを大原則に議論している」と話しました。



関連記事

  1. 日本船主協会の武藤会長らと懇談

  2. 衆院選挙制度改革法案 全野党の反対押し切り強行採決

  3. 「ハート・プラスの会」と意見交換

  4. 「人間の復興」を成し遂げる ~会津若松のセミナーに出席

  5. 農業政策の新ビジョンを発表 -東北元気アッププロジェクト-

  6. 日中の五輪成功へ協力 ~蔡奇・北京市党委員会書記と会談