「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

1.10

1/10日(木)、私は、山口那津男代表国会内で関西広域連合の井戸敏三連合長(兵庫県知事)と会い、地方分権の推進などについて要請を受けました。

井戸知事は国の出先機関の地方移管を強力に進め、中央省庁の事務・権限も地方に委ねるよう要望。また、より地方の意見を反映させるために、参院に「地方代表」の枠を設けることなどを求めました。

さらに、首都圏での非常事態に備えて、関西への首都機能配置を具体的に検討すべきだと述べました。



関連記事

  1. 公約実現へ論戦で成果 ~特別国会閉幕、両院議員総会を開催

  2. 東北6県で情報交換を ~仙台市で観光振興シンポ

  3. 経済3団体、日弁連、石油連盟の新年会に出席

  4. TPP交渉における国会決議の実現と情報開示を求める緊急国民集会に出席

  5. 軽減税率 食品全般に ~自公幹事長大枠で合意

  6. 来年度大綱へ大詰め―与党税制協議会―