「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

1.10

1/10日(木)、私は、山口那津男代表国会内で関西広域連合の井戸敏三連合長(兵庫県知事)と会い、地方分権の推進などについて要請を受けました。

井戸知事は国の出先機関の地方移管を強力に進め、中央省庁の事務・権限も地方に委ねるよう要望。また、より地方の意見を反映させるために、参院に「地方代表」の枠を設けることなどを求めました。

さらに、首都圏での非常事態に備えて、関西への首都機能配置を具体的に検討すべきだと述べました。



関連記事

  1. 全国宅地建物取引業協会連合会を表敬、懇談

  2. 「ボイス・アクションは画期的」の声も ~ニコニコ超会議に参加

  3. 地方6団体などの「地方分権改革総決起大会」に出席

  4. 「災害公営住宅が前進」東松島市視察・意見交換

  5. 「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望

  6. 党宮城県本部の時局講演会に出席