盛岡・福島・仙台で新春街頭演説会






















盛岡市
福島市
size=-1>仙台市
 1月2日・3日の両日、盛岡市・福島市・仙台市で新年の街頭演説会を行ないました。


 2日は盛岡市、福島市で、3日は仙台市内4ヵ所で、それぞれ小野寺好岩手県議会議員、甚野源次郎福島県議会議員、石橋信勝・小野寺初正・庄子賢一宮城県議会議員ら地元地方議員とともにマイクを握りました。


 昨年の新潟県中越地震、インドネシア・スマトラ沖地震をはじめ豪雨災害、台風などの被災者にお見舞いを申し上げるとともに、災害復旧対策をはじめ災害に強い国づくりに全力で取り組むことを約しました。また、昨年末に閉幕した臨時国会での公明党の成果について、①中小企業対策(包括根保証制度の廃止)②人権問題への対応(犯罪被害者基本法)③福祉対策(発達障害者支援法)④少子化対策の拡充(育児・介護休業法改正)⑤「オレオレ詐欺」を防止する預金口座の本人確認法の改正 ⑥無年金障害者に特別給付金を支給する「無年金障害者救済法」 ⑦小児特定疾患対策を盛り込んだ「児童福祉法の改正」―などについて報告しまた。


 今年も「日本政治に責任を担う第3党」として、生活者の目線で改革実現に全力で取り組んでいく決意を述べるとともに、正念場をむかえた構造改革・経済再生への理解と支援を訴えました。



関連記事

  1. 整備新幹線の政府与党ワーキンググループ

  2. 地元仙台で新年事務所開き

  3. 下北の道路整備を北側国交相に要望

  4. 熊本の日常 取り戻す ~蒲島知事らが公明に申し入れ

  5. 大雪被害 今後も予断許さぬ ~菅官房長官に要請

  6. 公明党宮城県本部の新春賀詞交歓会に出席