福島県本部主催の国政報告会に出席

2012_1116.jpg

11月16日(金)、福島県郡山市で開かれた党同県本部主催の国政報告会に出席し、衆院選勝利へ、支援を訴えました。これには真山祐一党青年局次長(同)と渡辺孝男参院議員、若松謙維同県本部顧問が同席しました。

冒頭、私は「(東日本大震災から)福島復興を進めようと公明党は全国のネットワークを結集し、全力で取り組んできた」と強調。さらに「復興を加速させるため、真山氏とともに死力を尽くす」と力説しました。

また、3年間続いた民主党政権について、(1)マニフェスト総崩れ(2)外交・安全保障の迷走(3)スピード感のない震災対応―の3点を挙げ、「政権担当能力がないと言わざるを得ない」と厳しく批判。「民主党には一日も早く退場してもらいたい。日本再建への一歩を踏み出すためにも、何としてもこの選挙に勝利する」と述べ、公明党への絶大な支援を呼び掛けました。

これに先立ち真山氏は「生まれてよかったと思える福島を築くため、青年の代表として最前線で闘う」と決意を表明しました。



関連記事

  1. 福島原子力損害対策協議会から要望

  2. 防災・減災 ニューディール基本法策定へ議論

  3. 全国都道府県議会議長会から要望

  4. 党宮城県本部で夏季議員研修会

  5. 「市民防災意識アンケート調査」に参加

  6. 経済の好循環で結果 ~政府・与党連絡会議を開催