三陸沿岸道路歌津~本吉「即年着工」起工式に出席

2012_1103.jpg

11月3日(土)、宮城県気仙沼市で行われた三陸沿岸道路・歌津~本吉間の「即年着工」起工式に参加し、あいさつしました。

今回着工となる区間は宮城県気仙沼市本吉と南三陸町歌津を結ぶ、延長12キロメートルの区間。公明党は東日本大震災からの復興を進めるため三陸沿岸道路の早期整備を国に提言してきました。復興道路・復興支援道路の新規事業としては初の工事着工となる三陸沿岸道路当区間は、地域の産業・観光の活性化やいざという時に住民を守る“いのちの道路”としての役割などが期待されております。
あいさつの中で私は「復興を加速させるためのリーディングプロジェクトとして、一日も早い三陸道全区間の完成に全力を挙げる」と決意を述べました。



関連記事

  1. 激甚災害指定早期に ~政府に秋田豪雨で緊急要望

  2. 各団体の総会懇親会に出席

  3. 来春から「児童手当」復活へ 3党幹事長・政調会長会談

  4. 「“命の道路”整備加速を」安全・安心の道づくりを求める全国大会に出席

  5. 「被災地の伝統を守れ」雄勝硯再興で意見交換

  6. 公明党代表等、賈中国政協主席と会談―日中友好の加速化を確認―