三陸沿岸道路歌津~本吉「即年着工」起工式に出席

2012_1103.jpg

11月3日(土)、宮城県気仙沼市で行われた三陸沿岸道路・歌津~本吉間の「即年着工」起工式に参加し、あいさつしました。

今回着工となる区間は宮城県気仙沼市本吉と南三陸町歌津を結ぶ、延長12キロメートルの区間。公明党は東日本大震災からの復興を進めるため三陸沿岸道路の早期整備を国に提言してきました。復興道路・復興支援道路の新規事業としては初の工事着工となる三陸沿岸道路当区間は、地域の産業・観光の活性化やいざという時に住民を守る“いのちの道路”としての役割などが期待されております。
あいさつの中で私は「復興を加速させるためのリーディングプロジェクトとして、一日も早い三陸道全区間の完成に全力を挙げる」と決意を述べました。



関連記事

  1. 党税制調査会が始動 

  2. 高層住宅管理業協会の新年賀詞交歓会に出席

  3. 北海道岩見沢市で党員の皆様と懇談

  4. 経済協力 着実に推進 ~中国・福建省 代表団の表敬受ける

  5. 日本商工会議所から要望

  6. 「軽減税率を食料品に」生鮮食品団体協議会と意見交換