党宮城県本部主催の国政報告会に出席

2012_1026_2.jpg

ブレずに生活、国益守る
国民無視、強引な政権を批判


10月26日(金)夜、山口那津男代表と共に、仙台市内で開かれた党宮城県本部主催の国政報告会に出席し、「東日本大震災の復興、東北の再生、日本再建の先頭に立つため戦っていく」と訴え、公明党への応援を呼び掛けました。

席上、山口代表は、「東日本大震災の復興は道半ばであり、いよいよ、これからだとの思いを深くしている。復興を一層力強いものにするためにも、公明党を勝たせてもらいたい」と強調しました。その一方で、8月の民主、自民、公明の3党首会談で「近いうちに国民に信を問う」と約束しながらも、誠実に履行する姿勢が見られない野田佳彦首相を糾弾。「もう2カ月半もたっているのだから、(19日の3党首会談では)どのような形で信を問うのか、具体的な案を示すと期待したのに全く応えない。はぐらかしばかりで不誠実だ」と批判しました。さらに、臨時国会召集をめぐって、与野党が円満な審議ができるような環境整備をしない野田政権の対応について「解散は後回しにしようとしているようだ。国民は国会で与野党が議論することを望んでいるのに無視して強引な運営をする。こんなむちゃくちゃな話はない」と指摘しました。

私は、公明党が「大衆とともに」の立党精神を掲げ、徹して地域に根差してきたことを強調。「政治が混乱している時こそ、公明党のようなブレない政党の存在が大事だ。公明党が軸になって、国民の生活、国益を守る政治の流れをつくっていく」と決意を述べました。

国政報告会には、竹谷とし子参院議員、真山祐一青年局次長(次期衆院選予定候補=比例東北ブロック)、若松謙維・東北方面副議長、来賓として村井嘉浩・宮城県知事が出席し、それぞれあいさつしました。



関連記事

  1. パレスチナ アッバス議長と会談

  2. 日本住宅建設産業協会の会合に出席

  3. 「内部障がい」の周知必要 当事者団体と意見交換

  4. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談

  5. 仙台卸売市場の「初せり式」に参加

  6. 「復興へ支援さらに」北海道・東北・北陸3経済連合会から要望