青森・むつ市、六ケ所村「原発に依存しない社会へ」党員懇談会に出席 

2012_1008_1.jpg

立地地域で党員と懇談
青森・むつ市、六ケ所村


10月8日(月)、党青森県本部(伊吹信一代表=県議)が同県六ケ所村、むつ市で開催した党員懇談会に出席しました。これには、同県本部の議員らも同席しました。

今回の懇談会は、原子力関連施設がある地域の声を聞こうと開かれたものです。核燃料サイクル施設が建設中の六ケ所村では、桜井秀男さんが「事故に備えて避難道路の整備、避難所への暖房設備を設置してほしい」と要望。また「村の経済と雇用はサイクル施設に依存しており、政策が見直されると影響が大きい」「原発事故と健康との関係について正確な情報提供を」との意見も寄せられました。

私は、原発に依存しない社会をめざす公明党の方針を強調。その上で「原発に替わる再生可能エネルギーがどれだけ確保でき、国民負担がどの程度になるのかなどを勘案し、できるだけ早く原発に依存しない社会を実現するために綿密な計画を作る必要がある」と述べました。

また、むつ市の懇談会では、加賀谷昌裕さんが「下北半島は、原発半島だ。風力や地熱、津軽海峡の海流など自然エネルギー拠点へ転換すべきだ」と訴えました。

私は「公明党はエネルギーの地産地消を掲げており、地域資源の有効活用を進めたい」との考えを述べました。



関連記事

  1. 整備新幹線、北陸・北海道から要望受ける

  2. 党岩手県本部の「新春政経懇話会」に出席

  3. 三村青森知事から表敬

  4. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出

  5. 原発賠償など長期避難者から要望

  6. マンション管理に関する課題聞く ~党懇話会がヒアリング