地元・仙台で新年事務所開き

 1月5日(水)夕方、2005年度の新年事務所開きを行いました。
 挨拶の中で私は、昨年末の予算編成や税制改正の現場の模様を紹介するとともに、17年度予算のポイントについて話しました。また、1月21日からはじまる通常国会について、「景気回復を定着させるためには、16年度補正予算・17年度予算の速やかな成立が重要だ」「郵政民営化関連法など法案審査に当たっては、国民の目線で取り組んでいく」等、本年の抱負を述べました。
 また、参加されたおひとりお一人と賀詞の交歓をさせていただき、和やかなうちに新年の出発が出来ました。皆様の期待にお応えできるよう全力で取り組んでまいる決意です。



関連記事

  1. 党青森県本部夏季議員研修会に出席

  2. 農水委員会で米価下落への対応を求む

  3. 本格運用へ万全期せ マイナンバーの「情報連携」試行

  4. 首脳間交流の促進を確認

  5. 「原油高騰問題」早期救済へ全力

  6. 各種団体・グループからの要請