日本税理士政治連盟定期大会に出席

20120927.jpg

税理士法改正に努力
日税政大会であいさつ


9月27日(木)、都内で開かれた日本税理士政治連盟(日税政、山川巽会長)の第46回定期大会に出席し、挨拶をしました。

挨拶で私は社会保障と税の一体改革について「公明党は医療・介護や低所得者対策などの課題に引き続き取り組む」と決意を表明しました。

消費税率の引き上げに関しては「8%、10%の2段階の増税で税の執行上の問題が起きないよう、皆さんの力を借りてしっかりとした仕組みをつくる必要がある」と指摘。

一方、多様化・複雑化する経済社会に対応した税理士制度を構築する必要があるとし、「税理士法の改正は避けて通れない問題。よりよい制度をめざして努力したい」と述べました。



関連記事

  1. 地域発展に不可欠―整備新幹線について要請受ける―

  2. 党京都府本部主催の「結党50周年党員大会」に出席

  3. 公明は地域発展の原動力 ~逆転勝利へ、こん身の訴え

  4. 党北海道本部の「新年賀詞交歓会」に出席

  5. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談

  6. 「原油高騰問題」首相へ万全の救済策要請