日本税理士政治連盟定期大会に出席

20120927.jpg

税理士法改正に努力
日税政大会であいさつ


9月27日(木)、都内で開かれた日本税理士政治連盟(日税政、山川巽会長)の第46回定期大会に出席し、挨拶をしました。

挨拶で私は社会保障と税の一体改革について「公明党は医療・介護や低所得者対策などの課題に引き続き取り組む」と決意を表明しました。

消費税率の引き上げに関しては「8%、10%の2段階の増税で税の執行上の問題が起きないよう、皆さんの力を借りてしっかりとした仕組みをつくる必要がある」と指摘。

一方、多様化・複雑化する経済社会に対応した税理士制度を構築する必要があるとし、「税理士法の改正は避けて通れない問題。よりよい制度をめざして努力したい」と述べました。



関連記事

  1. 被災地の復興支えよ ~国交相に申し入れ

  2. 高齢、長寿社会へ活力 ~共同通信社の「きさらぎ会東京7月例会」で講演

  3. 都政、前に進める公明 ~党北多摩第3総支部のフォーラムに出席

  4. 高層住宅管理業協会の記念式典に出席

  5. 佐藤福島県知事より原子力災害に関する緊急要望

  6. 「成人の日」街頭演説会に参加