「福島の再生、必ず実現」党福島県本部主催の政経セミナーに参加

20120726.jpg

民主に政権担当力なし
会津若松市


8月26日(日)、福島県会津若松市で開催された党福島県本部主催の政経セミナーに参加し、挨拶をしました。

私は、今年で「大衆とともに」の公明党の立党精神の宣言から50年の節目を迎えることを紹介。その上で「公明党は、結党時から日本の政治、そして国民の生活に責任を持つとの信念で闘い続けてきた」と強調。また、何ら実効性のある景気対策を講じることもなく、外交問題で迷走と混乱を重ねる民主党政権について「政権担当能力がない」と厳しく批判しました。

さらに、来るべき次期衆院選は日本の未来を決める政治決戦となるとし、「福島、東北の再生を成し遂げるためにも、断じて勝利する」と決意を述べました。



関連記事

  1. 宮城・名取市議選がスタート

  2. 中小企業の労働環境をより良く ~全国中央会の会合に出席

  3. 東京・杉並区の地区委員会に出席

  4. 日常活動が党勢を拡大 ~福島の夏季議員研修会に参加

  5. バヤル氏(モンゴル首相)と会談

  6. 全国社会保険労務士会連合会の賀詞交歓会に出席