「福島の再生、必ず実現」党福島県本部主催の政経セミナーに参加

20120726.jpg

民主に政権担当力なし
会津若松市


8月26日(日)、福島県会津若松市で開催された党福島県本部主催の政経セミナーに参加し、挨拶をしました。

私は、今年で「大衆とともに」の公明党の立党精神の宣言から50年の節目を迎えることを紹介。その上で「公明党は、結党時から日本の政治、そして国民の生活に責任を持つとの信念で闘い続けてきた」と強調。また、何ら実効性のある景気対策を講じることもなく、外交問題で迷走と混乱を重ねる民主党政権について「政権担当能力がない」と厳しく批判しました。

さらに、来るべき次期衆院選は日本の未来を決める政治決戦となるとし、「福島、東北の再生を成し遂げるためにも、断じて勝利する」と決意を述べました。



関連記事

  1. 新幹線整備促進について要望

  2. 来年度予算財務省原案に対する大臣折衝

  3. 「骨太方針」策定で竹中経財相に申し入れ

  4. 山形県鶴岡市議選がスタート

  5. 各種団体と政策要望懇談

  6. 都市再生機構(UR)賃貸住宅問題の意見交換会に出席