「公明党は国民生活守る」党京都府本部主催の党員大会に出席

2012_0825.jpg

8月25日(土)夜、京都市下京区内で開催された党京都府本部(竹内譲代表=衆院議員、次期衆院選予定候補=比例近畿ブロック)の党員大会に出席し、挨拶をしました。

挨拶で私は、社会保障と税の一体改革関連法が成立したことに言及し、「与野党を超えて合意し、新しい制度への道筋をつくることができた意義は大きい」と力説。また、「国民の声を政策に具体化して実現させていくのが政党の役割」と述べ、一度決めたことは断じて貫く公明党の団結力を強調。国民生活を守る公明党への支援を訴えました。

竹内府代表は、景気回復への力強い決意を述べるとともに、「『大衆とともに』の立党精神を胸に、次期衆院選の勝利へ闘い抜く」と語りました。



関連記事

  1. 「被災地の伝統を守れ」雄勝硯再興で意見交換

  2. 自民新執行部が表敬

  3. 地元仙台で新年事務所開き

  4. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談

  5. 埼玉県内で街頭演説会

  6. 北陸新幹線の早期開業へ支援を訴え ~沿線知事らから要望