党宮城県本部夏季議員研修会に出席

0821inoue_01.jpg

8月20日(月)、私は党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)が仙台市内で開催した夏季議員研修会に出席しました。

席上、私は「大衆とともに」の立党精神宣言から50周年の佳節を迎えることに触れ、「立党精神は公明党の不変の原点であり、その体現に努めていこう」と強調しました。

その上で、白内障の眼内レンズ挿入手術の保険適用などの実績を挙げながら、「市民相談を通じて声を吸い上げ、政策として実現してきたことが立党精神の証明だ」と説明しました。

また、社会保障と税の一体改革関連法の成立について私は「社会保障は全ての国民の人生設計に関わる。公明党がリード役を担い、与野党を超えて合意し成立させたことは大きな意義がある」と訴えました。

また研修会では、河北新報社の西川善久常務取締役編集本部長、アレルギーの会「あっぷるんるんくらぶ」の三田久美代表が講演しました。



関連記事

  1. 力合わせ無年金救済、働き方改革 ~社労士団体の懇親会に出席

  2. 署名簿を添え「児童手当拡充」を厚労省に求める

  3. 整備新幹線の政府与党ワーキンググループ

  4. 原発政策で党原発立地県連絡協議会が初会合

  5. 「女性の視点で防災強化」党女性防災会議

  6. 仙台市で「風間ひさしを励ます県民の集い」