全国社会保険労務士会連合会懇親会に出席

2012_0629_1.jpg

6月29日(金)、山口那津男代表と共に都内で開かれた全国社会保険労務士会連合会(金田修会長)、同政治連盟(堀谷義明会長)の懇親会に出席しました。

山口代表は、26日に衆院を通過した社会保障と税の一体改革関連法案に言及し、年金受給資格期間の短縮などが盛り込まれた意義を強調しました。また、社会保険労務士の役割の大きさに触れ「労働にまつわる紛争を未然に防ぎ、事後の紛争も解決する仕組みを整えていくことが重要だ。公明党は全力を挙げて取り組む」と強調しました。



関連記事

  1. 日本商工会議所と政策懇談

  2. 天皇退位、3月中旬までに意見集約

  3. 公明が未来の安心育む ~衆院選公示、東北で第一声

  4. 宮城県「平成27年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会…

  5. 「新幹線・長崎ルート促進を」整備促進に関する要望

  6. 社会保障 全世代で充実 ~政府・与党連絡会議に出席