党山形県本部主催の時局講演会に出席

2012_0624.jpg

社会保障置き去り阻止
3党合意の成果強調


6月24日(日)、山形市内で行われた党山形県本部主催の時局講演会に出席し、21日に民主、自民、公明3党が社会保障と税の一体改革関連法案をめぐり修正合意したことに触れ、公明党の考え方を説明しました。

この中で私は、消費税増税について、「(公明党は)社民党や共産党のように頭から反対ではない。日本の社会は高齢化が進み人口が減少する。その中で、年金、医療、介護、子育て支援など社会保障を充実させるためには、それに見合う財源として、消費税を含む税の抜本改革で、国民の皆さんに負担をお願いせざるを得ないと、かねてから主張してきた」と説明。

3党協議に参加した理由については、民主、自民両党の協議が進み、社会保障を置き去りにして消費税増税だけが決まってしまうことを懸念したと指摘。公明党が協議に加わり、社会保障の充実を抜きにした増税を許さず、景気・経済の安定成長への道筋や、(消費税の)逆進性対策を法案に盛り込むことができたと成果を強調しました。



関連記事

  1. 基礎年金の税方式で意見交換 ―党社会保障ビジョン委員会―

  2. 白河市など5市町村が国交相に陳情

  3. 高橋北海道知事から要望

  4. 岩手県奥州市、大船渡市 党岩手県本部主催の時局講演会に出席

  5. 「自治体の除雪費」万全な財政支援を

  6. JA全中・全農と意見交換