全国都道府県議会議長会から要望

2012_0531.jpg

5月31日(木)、衆院第1議員会館で、全国都道府県議会議長会の山本教和会長(三重県議会議長)らから地方議会議員の新たな年金制度の創設などについて要請を受けました。これには、坂口力副代表も同席しました。

席上、山本会長らは廃止された地方議会議員年金制度に代わる制度の創設を要請。さらに公選職としての地方議会議員の位置付けを法律上で明確化することや、都道府県議会議員の選挙区を地域の実情に応じて自主的に定めることができるようにする公職選挙法改正を求めました。



関連記事

  1. 党に「農作物低温・日照不足被害対策本部」を設置

  2. 「アスベスト被害」万全の被害者救済策を

  3. 児童デイサービスの利便性向上を!西博義副大臣に申し入れ

  4. 「国産材の活用を推進」党林業振興議員懇話会に出席

  5. 高層住宅管理業協会の記念式典に出席

  6. 「年金含む全体像示せ」 国会で政府を追及