全国都道府県議会議長会から要望

2012_0531.jpg

5月31日(木)、衆院第1議員会館で、全国都道府県議会議長会の山本教和会長(三重県議会議長)らから地方議会議員の新たな年金制度の創設などについて要請を受けました。これには、坂口力副代表も同席しました。

席上、山本会長らは廃止された地方議会議員年金制度に代わる制度の創設を要請。さらに公選職としての地方議会議員の位置付けを法律上で明確化することや、都道府県議会議員の選挙区を地域の実情に応じて自主的に定めることができるようにする公職選挙法改正を求めました。



関連記事

  1. 宮城県登米市で視察と意見交換を実施

  2. 党山形県本部主催「政経セミナー」に出席

  3. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  4. 着実な建設めざし財源確保策を了承 ~与党整備新幹線建設推進PTに出席

  5. 宮城県「令和3年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会に…

  6. 日本バス協会の新年賀詞交歓会に出席