全国都道府県議会議長会から要望

2012_0531.jpg

5月31日(木)、衆院第1議員会館で、全国都道府県議会議長会の山本教和会長(三重県議会議長)らから地方議会議員の新たな年金制度の創設などについて要請を受けました。これには、坂口力副代表も同席しました。

席上、山本会長らは廃止された地方議会議員年金制度に代わる制度の創設を要請。さらに公選職としての地方議会議員の位置付けを法律上で明確化することや、都道府県議会議員の選挙区を地域の実情に応じて自主的に定めることができるようにする公職選挙法改正を求めました。



関連記事

  1. 仙台・盛岡・八戸 新春街頭演説会

  2. 「特例公債 歳出見直しが前提」3党幹事長会談

  3. イラク問題―一刻も早い軍事行動の終結を

  4. 国営みちのく杜の湖畔公園全園開園式に出席

  5. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  6. 政府与党協議会に出席