全国都道府県議会議長会から要望

2012_0531.jpg

5月31日(木)、衆院第1議員会館で、全国都道府県議会議長会の山本教和会長(三重県議会議長)らから地方議会議員の新たな年金制度の創設などについて要請を受けました。これには、坂口力副代表も同席しました。

席上、山本会長らは廃止された地方議会議員年金制度に代わる制度の創設を要請。さらに公選職としての地方議会議員の位置付けを法律上で明確化することや、都道府県議会議員の選挙区を地域の実情に応じて自主的に定めることができるようにする公職選挙法改正を求めました。



関連記事

  1. 党佐賀県本部「夏季議員研修会」に参加

  2. 明年の政治決戦に勝つ ~宮城県本部大会であいさつ

  3. 北の脅威 結束し対応 ~政府与党連絡会議に出席

  4. 「グレーゾーン事態を議論」安全保障法制整備に関する協議会に出席

  5. 「内部障がい」の周知必要 当事者団体と意見交換

  6. イラク問題―一刻も早い軍事行動の終結を