生活再建へ現場調査 福島県川内村を視察

0311kasetu.jpg


3月10日(土)、私は、北側一雄副代表らとともに同県川内村の災害対策本部(郡山市)を訪れ、猪狩貢副村長と意見交換しました。また、同対策本部に隣接する仮設住宅を訪問し、入居者と懇談しました。


席上、猪狩副村長は、2月に発足した復興庁について「省庁縦割りの影響で意思決定が遅れることを懸念している」と指摘。私は「窓口を一本化し、スピード感ある対応を求めていく」と答えました。

その後、同対策本部に隣接する仮設住宅を訪問し、入居者と懇談し、入居者からは「将来的に帰村すべきか悩んでいる」などの声が寄せられ、私は「一日も早く生活再建できるよう、福島への継続性ある支援を訴え続ける」と強調しました。



関連記事

  1. 「北海道・東北の活性化を」元気アッププロジェクトが発足

  2. 畜産・酪農の基盤強化を

  3. 整備新幹線、北陸・北海道から要望受ける

  4. 東北農業元気アップビジョンについて説明 ―党農林水産部会―

  5. 「救出作業一刻も早く」党御嶽山噴火災害対策本部

  6. 外国人居住者の増加へ対応重要 ~団体賀詞交歓会であいさつ