地元・仙台で街頭演説会

 1月30日(日)、仙台市内で行われた街頭演説会に参加しマイクを握りました。これには、石橋信勝県代表(県議会議員)、嶋中貴志、鎌田城行の両市議会議員も参加しました。


 街頭演説では、2004年度補正予算案の内容や、少子化対策の拡充など公明党が推進している政策課題について話しました。まず、新潟県中越地震などの災害復旧費を柱とする2004年度補正予算案は、28日に衆院本会議で全会一致で可決されたことを報告。安心・安全の災害に強い国づくりが最優先課題と強調しました。また、05年度予算案の早期成立を図り、景気の自律的回復と構造改革の一層の促進を期すと同時に、総合的な少子化対策の策定など、中長期的展望に立った政策の必要性も訴えました。



関連記事

  1. 「対話」重ね 絆深く ~日中与党交流協議会が開幕

  2. 漁業、林業の政策提言を発表

  3. 北の完全な核放棄めざす ~政府・与党協議会を開催

  4. 道路特定財源の一般財源化についての党内議論及び与野党協議

  5. 「防災」を政治の主流に ~福島夏季議員研修会であいさつ

  6. 北海道岩見沢市で党員の皆様と懇談