村井宮城県知事と懇談

2012_0424_1.jpg

4月24日(火)、山口那津男代表と共に仙台市内で村井嘉浩宮城県知事と懇談し、東日本大震災からの復興の現状について意見交換をしました。これには石橋信勝県代表(県議)らも同席しました。

懇談の冒頭、村井知事は、「公明党の議員のみなさんには被災地に足を運び、復興のために尽力していただいている」と述べ、公明党のネットワーク力を生かした協力に感謝を表明。災害がれき処理については、最終処分場の確保が今後の問題と指摘し、支援を訴えました。

山口代表は、石巻市の災害がれき処理の現状などを視察してきたことを説明。公明党が全国の各議会で広域処理を推進する役割を果たしていることや、受け入れを表明している自治体の動きに触れ、広域処理への機運が高まってきていると述べました。

懇談ではこのほか、漁港、魚市場などの地盤沈下問題や、東京電力福島第1原発の事故による風評被害などについて意見を交わしました。



関連記事

  1. 成長促す政策を総動員 ~秋田の党時局講演会に参加

  2. 「食料自給率50%に」農業政策を提言

  3. 「一体改革、修正協議参加へ」党中央幹事会

  4. 雇用、年金で地域貢献 ~社労士の交歓会で訴え

  5. 署名簿を添え「児童手当拡充」を厚労省に求める

  6. 各団体の総会懇親会に出席