党宮城県本部の時局講演会に出席

4月24日(火)夜、山口那津男代表と共に仙台市内で行われた党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)主催の時局講演会に出席しました。

山口代表は、消費税増税法案について、社会保障の全体像が示されていないことなどから、「このままでは賛成するわけにいかない」と強調。原子力発電所の再稼働問題では、政府に対して「再稼働ありきで、慌てて進めるべきでない」と指摘し、国会に設置された事故調査委員会の検証結果などに基づき、新たな安全基準をつくるべきだと主張しました。

私は、地方選挙や公明新聞拡大で、党宮城県本部が勝利の結果を残してきたことに謝意を表明。また、マニフェストで子育て支援を“売り”にしていた民主党政権下で少子化担当相が9人目となったことに触れ「子育て支援を語る資格はない」と批判し、「こういう政権はそろそろ終わりにしないといけない」と述べました。



関連記事

  1. 公明党農林水産部会が農水省から説明

  2. 権哲賢 韓国大使と会談

  3. 日本商工会議所と要請懇談会

  4. 「国連防災世界会議」へ向け東北大学災害研・平川所長らと懇談

  5. 不信任案に理由なし ~国会会期末、両院議員総会を開催

  6. 「予算関連で地方に配慮」市長会、町村会から要望