「がん検診率の向上を」仙台で署名活動に参加

2012_0408.jpg

4月8日(日)、党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)が仙台市内で行ったがん対策の拡充を求める街頭署名活動に参加しました。

私は、「国民の3人に1人が、がんで亡くなっているのに対し、日本のがん検診率が低い」と強調。その上で、「公明党は女性特有のがんである乳がんや子宮頸がんの検診無料クーポン事業の実現を図り、がん検診率の向上に大きく貢献してきた」と訴えました。

さらに「乳がん、子宮頸がんの無料クーポン事業の恒久化と、胃がんなどを対象にした無料クーポン事業の種目拡大へ全力で取り組む」と述べ、道行く人に署名への協力を呼び掛けました。



関連記事

  1. 力合わせ無年金救済、働き方改革 ~社労士団体の懇親会に出席

  2. 来年度予算財務省原案に対する大臣折衝

  3. 被災地「人間の復興」へ総力 ~公明党宮城県本部で新春の集い

  4. 民間交流が友好の力に ~中国訪日団と東北大見学

  5. 築館バイパス一部開通

  6. 整備新幹線政府・与党協議