党を挙げ「草の根対話」党浦安支部対話集会に出席

2012_0329.jpg

 3月28日(水)、千葉県浦安市で行われた党浦安支部(田村耕作支部長=市議)の対話集会に出席しました。 

 私は「大衆とともに」の立党精神に触れ、震災の被災地でも多くの公明党議員が立党精神を胸に被災者支援に取り組んできた模様を紹介。「立党精神を誇りに思った。議員一人一人がもう一度、立党の精神を確認していきたい」と力説しました。

 その上で私は、「第一線で党活動に取り組んでいる党員の皆さんと率直に語り合い、新しい出発を切りたい」と強調。対話集会の意義を説明しました。

 会合では田村支部長が、浦安支部として全24分会で307ポイントの公明新聞拡大を達成したことを報告。参加者からは「公明党はもっとアピール力をつけて」「『身を切る改革』といっても言葉だけが踊っている」など声が寄せられました。



関連記事

  1. 「復興事業の支援継続」 被災県知事から要望

  2. 「福島の復興加速を」財源確保、交付金拡充で佐藤知事から要望

  3. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  4. 党兵庫県本部「第1回政策提言コンクール発表大会」に出席

  5. 母船老朽化 支援を訴え ~党懇話会に日本捕鯨協会など

  6. 豪雨災害の備え万全に ~党代議士会であいさつ