公明党京都第3総支部党員大会に出席

2012_0225.jpg

 2月25日(土)夜、京都市伏見区内で開催された党京都第3総支部(山口勝総支部長=府議)の党員大会に、竹内譲衆院議員(党京都府本部代表)と共に出席し、挨拶をしました。

 挨拶で私は、公明新聞の拡大など日ごろの党員の奮闘に感謝するとともに、公明党の「三つの50周年」の意義に触れ、「公明党は立党精神を胸に団結第一で次期衆院選、来年の参院選に連続勝利していきたい」と訴えました。また、民主党の震災対応の遅れやマニフェスト違反を厳しく批判し、「民主党には政権を担当する正当性はない」と述べました。

 竹内氏は「減災・防災対策に重点的に取り組むことで、経済も活性化させていく」と述べました。



関連記事

  1. 方面責任者会議の初会合を開催

  2. 社会保障 持続可能な制度構築を!―党青森県本部大会-

  3. 岩手県議選がスタート

  4. 金融危機に対応する新たな経済対策を検討

  5. 釜石市住民代表から三陸道に関する要望

  6. 災害時多目的船建造推進・超党派議連が政府に要請