公明党京都第3総支部党員大会に出席

2012_0225.jpg

 2月25日(土)夜、京都市伏見区内で開催された党京都第3総支部(山口勝総支部長=府議)の党員大会に、竹内譲衆院議員(党京都府本部代表)と共に出席し、挨拶をしました。

 挨拶で私は、公明新聞の拡大など日ごろの党員の奮闘に感謝するとともに、公明党の「三つの50周年」の意義に触れ、「公明党は立党精神を胸に団結第一で次期衆院選、来年の参院選に連続勝利していきたい」と訴えました。また、民主党の震災対応の遅れやマニフェスト違反を厳しく批判し、「民主党には政権を担当する正当性はない」と述べました。

 竹内氏は「減災・防災対策に重点的に取り組むことで、経済も活性化させていく」と述べました。



関連記事

  1. 各団体からの予算・税制要望ヒアリング

  2. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  3. 公明、創価学会が連絡協議会

  4. 「小康社会」実現めざす ~中国共産党中央党校副校長と意見交換

  5. 青森県弘前市、黒石市で街頭演説会

  6. 「福島産米の安全確保へ」 米の全袋検査を視察