党代議士会に出席

2012_0221_20120222114308.png

給与法めぐり迷走 結論遅い与党を批判

 2月21日(火)昼、国会内で開かれた代議士会で挨拶し、国家公務員給与削減の特例法案をめぐる3党協議で、民主党が迷走した末に、自民、公明両党が昨年末に提出した対案を受け入れる形で合意したことに触れ、政府・民主党の意思決定のあり方を批判しました。

 挨拶で私は、「(昨年の)前国会で成立させるべきだと3党間で議論してきたわけだが、与党が今のような結論を昨年末に出していれば、とっくに成立して国民的な理解が得られたのではないか」と指摘。
その上で、「与党として余りにも意思決定が遅い。意思決定の仕組みが党内できちんとできていないのではないか」と批判。「今の国会の状況がよく分かっているわけだから、さまざまな課題について、意思決定がきちんとできるような与党の体制をしっかりつくってもらいたい」と要望しました。



関連記事

  1. 法務省に「裁判員制度についての提言」を手渡しました。

  2. 「暴挙、断じて許されず」 ~党対策本部が初会合

  3. 公明が東北創生リード ~岩手県政経懇話会

  4. 与党・対策本部の初会合に出席

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. 国会、来月14日まで延長 ~自公党首会談で合意