党福島県本部主催の郡山・政経セミナーに出席

 2月5日(土)、福島県郡山市内で開かれた県本部主催の「新春政経セミナー」に出席しました。これには、風間ひさし、渡辺孝男の両参議院議員も出席しました。


 挨拶に立った私は、現在国会で審議されている17年度予算や今国会での重要課題について話しました。既に成立した災害復旧のための補正予算に触れた後、構造改革を推進する17年度予算について「景気を本格回復の軌道にしっかりと乗せるためにも年度内に予算を成立することが重要」と訴えました。
 今国会での政策課題については、予算委員会でも取り上げた「少子化対策」や災害対策」に党として全力で取り組んでいくとの決意を表明。地域の方々とともに連携を取りながら、課題の一つひとつに解決の道筋をつけていきたいと述べました。
 懇談の席では、地域活性化などについて皆様から多くの意見や激励を頂き、「地域の声を国政に!」との思いを新たにしました。



関連記事

  1. 全国農業会議所から復興、TPPで要請

  2. 「竜巻の被災者支援を万全に」 原因究明など要請

  3. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判

  4. 安倍首相が公明党を表敬訪問

  5. 公明党税制調査会で議論

  6. 「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望