「年金含む全体像示せ」 国会で政府を追及

1月25日(水)午前、自民党の幹事長らと都内で会談し、通常国会の対応などについて協議しました。私とともに、漆原良夫国会対策委員長、石井啓一政務調査会長が出席しました。

会談では、通常国会の焦点となっている社会保障と税の一体改革について、「(政府・与党内には)最低保障年金をやる(分を含める)と17%の消費税(率)になるなど、いろいろな発言があり、代表質問、予算委員会などで(年金を含めた)社会保障の全体像を明らかにするよう求める」との認識で一致しました。

デフレ対策、円高対策については「野田首相の施政方針演説でも(具体策が)全く示されず、消費税を引き上げることばかりで、欠落している」として、国会審議で政府の対応を厳しく追及していく方針を確認しました。



関連記事

  1. 暮らし守る政策で成果 ~通常国会閉幕、両院議員総会を開催

  2. 早期復旧へ柔軟な支援を ~8月の台風被害で北海道、岩手の要望受ける

  3. 倒壊家屋の解体支援を ~熊本・益城町議会が公明に要望

  4. 経済、総活躍で結果 ~通常国会開幕、両院議員総会に出席

  5. 防災力の向上に全力 ~神奈川での時局講演会に参加

  6. 被災者支援 総力挙げよ ~北海道地震で党対策本部が要請